ユビックスで正しい鉛筆の持ち方を身につける                              www.yubix.co.jp
本文へジャンプ
なぜ鉛筆を正しくもたなければならないのか
鉛筆の持ち方に自信がありますか?
こどもに鉛筆の持ち方を教えてあげられますか?
自分の鉛筆の持ち方、気になりませんか?


トップページでもお伝えしましたが
 小学校の高学年や中学校では、「正しく・形よく・早く」書く能力を養うことが
書写の目標として掲げられています。

しかし、速さを要求されると、長時間の筆記に耐えられず、
また悪い持ち方のまま長時間筆記した場合、
肩や首筋がこったり、指先や、手首が疲れてしまいます。

そうなれば子どもの学習に対する集中力が欠け、最終的には学力にまで
悪影響を及ぼしかねないのです。


鉛筆(筆記具)を正しく持つことが身について、
正しい姿勢をとることができ、
集中力が養われるのです。


また、上手に正しい文字を書くためにも、
鉛筆(筆記具)を正しく持つ必要があるのです。 鉛筆の正しい持ち方をインターネットで調べると様々なサイトで
道具を使わない方法で掲載されています。
持ち方を直したい大人の方でしたら、正しい持ち方を意識しキープしながら
筆記を続けることが可能な方もいらっしゃると思います。
しかし長時間鉛筆(筆記具)を誤使用になる方や
お子様になると、キープし続けるのは大変難しい事でしょう。
お子様になると間違った持ち方と、正しい持ち方の違いが理解できなかったり
わかっていても、勉強しながらキープするのは難しくなります。
そんな時に!!!
ユビックスのご使用をおすすめします!!
ユビックスとは


ユビックスは児童かきかた研究所で開発された
鉛筆を正しく持つための道具です。
指の間に挟んで使用するだけ、という簡単な使い方なので
幼児(4歳〜)から大人まで幅広くお使いいただいており、
幼稚園・小学校・大学・老人ホームで・・・様々な
機関でもお使いいただいております。

ユビックスを使うだけで筆記具が正しく持てる!!


サイズ
No 1 幼児用(4〜5歳)
No 2 小学生用
No 3 中学生・大人女性
No 4 大人男性


                  
使い方

      
ひとさし指と中指の間の付け根まで挟む   @人差し指と中指の間の
  付け根まではさむ 
えんぴつ(ボールペン)を曲部にのせる A鉛筆(筆記具)を曲部に乗せる


効果的な使い方は
鉛筆を持つ時には出来るだけ多く使用する!
鉛筆の正しい持ち方を意識する!
   使う時間が長ければ定着する時間は早くなります。
   学校でお使いの場合、書写の時間以外の時間でも使用されると効果的です。
   初めは違和感があり、筆圧も弱くなりますが、
暫く使用すると慣れてきます。
   今日が正しく持てる事よりも、
10年後も正しい持ち方になっている事が大切です


注意点

悪い例・・・ユビックスから鉛筆が落ちている

*ユビックスから鉛筆を落とさない(写真左)
*鉛筆の削った部分を持たない(写真右)
鉛筆が極端に立った状態は小指・薬指・中指を握りこんでいる場合に
多く見られます。
鉛筆の先が自分の方を向く状態は脇が開きすぎている場合に
多く見られます。
    
                                      このページのTOPへ戻る

上手に字を書くためのポイント


1.  筆記具を正しく持つ。
2.  正しい姿勢・正しい位置で書く
3.  運筆練習を繰り返し行う。
4.  始筆の確認を怠らない(手本をよく見て書く習慣がつく)。

                                        このページのTOPへ戻る
   有限会社ユビックス  大阪市港区弁天5−16−14
 Copyright (C) 2015 ユビックス All Rights Reserved.